2012年2月16日木曜日

ブルーベリーマフィン

久しぶりにブルーベリーマフィンを作りました。


マフィンの基本といえば絶対にブルーベリー。
これにクリームチーズを加えたり、シナモンを混ぜたり、クランブルをのせてもおいしい。

もう何年も前になりますが、マフィンが好きで好きで、マフィン作りばかりしていた時期があります。
私は色々な味の組み合わせを考えるのが大好きなので、マフィンのフレーバーを考えるのが楽しかったのです。(同じ理由で、アイスクリームのフレーバーの開発とかしてみたい)

それに、マフィン型6個分にちょうどいい生地の量になり(焼き上がりが少しあふれるくらいが理想)、バターの量はなるべく少なく、焼きたてはもちろん作った翌日や冷めていてもおいしいものを作りたくて、いろいろな配合で毎日焼いていました。

バターの少ない生地は焼きたてはおいしいけれど冷めてからはぱさついてしまいますよね。
バター多めだともちろんしっとりおいしいのですが、パウンドケーキの生地に近くなってしまってはただのマフィンの形のパウンドケーキなので、どうしようかいろいろ試した結果、
当時の結論としては水分多めのこの配合に落ち着きました。
焼き上がりの生地は柔らかめなので、こんなのマフィンぽくないと言われてしまうかもしれませんが、自分では気に入っている配合です。

混ぜる順番もいろいろ試したのですが、通常のマフィンのように室温にしたバターに砂糖、卵を混ぜて、粉と水分を交互に加えて混ぜる、、という手順より、溶かしバターにして液体の材料と粉を混ぜるだけの作り方の方が、簡単だししっとりさが長続きしたように思います。
思いついたときにバターを溶かして混ぜてあっという間に作れるのもこのマフィンのいいところだと思います。

と、いろいろ書きましたが、このレシピが絶対にいいというわけでもなく、やっぱり毎回そのときの気分や生地に混ぜるフィリングで配合を変えたりしています。
人に渡すつもりだからお菓子っぽくバター多めでリッチに、とか、もうちょっと固めにしたい気分だから水分を減らすとか。
いろいろ実験をしてもおいしく作れるのもマフィンのいいところ!



□□Blueberry Muffin□□

□材料□口径7cmマフィン型6個分

薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
ベーキングソーダ 小さじ1/8
塩 小さじ1/4
卵 1個
グラニュー糖 30g
ブラウンシュガー 30g
バター(溶かす) 50g
牛乳 60cc
ヨーグルト 60cc
ブルーベリー 100g

□作り方□

  1. 型にペーパーカップをしいておく。バターはレンジで溶かしておく。粉類を合わせてふるう。オーブンは190度に余熱する。
  2. 大きいボウルに卵、グラニュー糖、ブラウンシュガーを入れて、泡立て器で少し白っぽくなるまで混ぜる。溶かしバターを加え混ぜ、牛乳とヨーグルトも加えて混ぜる。
  3. 粉類の1/4程度を加えて泡立て器でなじむように混ぜ、残りの粉類を加え、その上にブルーベリーを置いて、ゴムベラでブルーベリーに粉をまぶすようにしながら手早く混ぜ合わせる。
  4. 型に流し入れ、予熱したオーブンで20〜25分焼く。焼き色がついて竹串で刺して何もついてこなければできあがり。

これは今日のコウのおやつ。
彼はブルーベリーが大好きなので、「べべ」(ブルーベリーの意)と言いながらほじくって食べていました。テーブルもひざの上も床にも生地がぼろぼろ。それを公園のハトのようにつまんで拾う私。。
幼児のおやつにはパンケーキの方が向いているかもしれません。

食べ終わったら寝てしまいました。


ちょうど先日、ブログを見て下さった方が以前に載せたマフィンのレシピで作って下さったそうです。
そういう報告を頂くと、ブログにしている甲斐があって本当に嬉しいです。
どうもありがとうございます!


0 件のコメント:

コメントを投稿