2012年2月5日日曜日

オレンジブラウニー

今年の我が家のバレンタインのお菓子その2。
この前は夫の希望のを作ったので、今度は自分が食べたいもの(バレンタインはみんなのもの!)を作りました。
先日作った金柑の甘煮と、コアントローをきかせてオレンジ風味にした濃厚なブラウニーです。


私はオレンジとチョコレートの組み合わせが大好きなのです。(でも、オレンジピールにチョコレートをコーティングしたものはそれほど好きじゃないのですが)
先日作った金柑の甘煮、クリームチーズと一緒にパンに乗せたり、そのままヨーグルトに混ぜたりして食べていますが、やっぱりチョコレートと一緒にしたくて、オレンジピールとして使ってお菓子にしてしまいました。
ブラウニーはシンプルなだけにいろいろこだわりのある人も多いお菓子だと思います。
ふんわり軽いケーキっぽいものもおいしいけど、私はやっぱり濃厚なものが好みです。
自分の中で、ブラウニーのレシピはこれがベスト!というものはまだ決定していないのですが、
このオレンジブラウニーは今まで自分が作った中でかなり気に入りました。



□□Orange Brownies□□
オレンジブラウニーのレシピ

□材料□10×18cm角形1台分

薄力粉20g
ココア 10g
チョコレート(カカオ60%のもの) 90g
無塩バター 30g
卵 1個
グラニュー糖 25g
オレンジピール(甘みの少ないもの) 50g
コアントロー 大さじ1/2

オレンジピールは自家製の金柑の砂糖煮を使いました。
市販のオレンジピールの場合は、甘みと香りも強いと思うので、加減して下さい。
18cm角形に紙をしいて、途中で折ってホッチキスで止めて小さめの角形にしました。

□作り方□

  1. 卵は室温にしておく。オレンジピールは大きいものは刻む。オーブンは170度に余熱する。型に紙をしいておく。
  2. 刻んだチョコレートとバターをボウルに入れて湯煎にかけて、泡立て器で混ぜてなめらかに溶かす。溶けたら湯煎からはずし、溶き卵、グラニュー糖、コアントローを順に加えてその都度混ぜる。薄力粉とココアを合わせてふるい入れ、手早く混ぜ合わせる。
  3. 型に流して表面を平らにし、余熱したオーブンで15分焼く。ラックに出して冷まし、切り分ける。


レシピ本か何かで、本物のブラウニーは表面が噛むとかしゃっと割れるようで、中がねっとりしているのが条件、みたいなことを読んだ気がします。
確かに、アメリカで買ったものすごく甘いブラウニーはそういうのだったような。
それからいうと、このブラウニーは表面もかしゃっとしていなくてしっとりしているので、△なのかもしれませんが。
シンは一つ食べて、私の好きそうな味だ、と言いました。
そうでしょう。自分のために作ったものだから、正解です。
長年付き合っていてお互いの好みが本当に良く分かる今日このごろ。


先日、ちょうど節分の日にシンのお姉さん宅にコウと泊まったので、
甥っこたちと一緒に豆まきをして、お姉さんの準備してくれた恵方巻きを食べました。
子供がいると、こういう行事ってほんとに楽しい。
コウは渡された豆をまかずに食べたりもしていましたが、大好きなにいにたちといられて大喜びでした。
私は我が家用に豆をちゃんと買っていたのに(しかも生協で買ったことを忘れてもう1つスーパーで買い、2袋もあるのに)、
姉宅に行くまで当日が節分だということをすっかり忘れていました。。




ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!

1 件のコメント:

  1. 楽しかったね〜♪はるばるありがとう。恵方巻いっぱい巻いてくれたのに、食べるのバタバタでごめんね(^^;)買っておいた豆は、是非イクノちゃんの素敵レシピでお菓子に♪

    返信削除