2011年11月18日金曜日

スイートポテトパイ

前回アップルパイを作ったときに、パイ生地を倍量作って半分を冷凍しておいたので、
今度はスイートポテトパイにしようと思っていたのですが、
コウのおやつでさつまいもが全部なくなってしまいました。
またおいも買いに行こうと思っていたところ、タイミングよくシンのおばあちゃんが作ったおいもをどっさり頂きました。
さっそく大きいのを使って、スイートポテトパイを作りました。


以前パンプキンパイを作るときにエバミルクを使っていたのですが、
その応用でスイートポテトに使ったらどうかな?と思っていたので、試してみたら大成功。
ミルキーな感じが、スイートポテトの甘い香りと相性ばっちりでした。



ところで上の写真のパイ皿は、だいぶ前に友達と行ったアンティークショーで買ったものです。
アメリカのどこかの(というかニューイングランドの)パイ屋さんで使われていたようで、
デポジット5セント、と書いてあるので、パイを買った人がパイ皿を返しに行くと5セント返してもらえるみたいですが、私はそれを確か千円くらいで買ったような。。
アンティークといっても大して古いものではないようだし、たぶん今もふつうにパイ屋さんでパイごと(?)売られているんだろうなぁと思いつつ、ちょうど9インチのパイ皿が欲しかったし、文字がかわいい、などと思って買ってしまったのでした。


□□Sweet Potato Pie□□スイートポテトパイのレシピ

□材料□24cmパイ皿1台分

パイ生地

薄力粉 120g
塩 小さじ1/4
砂糖 小さじ1/2
バター45g
ショートニング 40g
冷水 大さじ2

フィリング
さつまいも(正味) 380g
エバミルク 150cc
卵 2個
グラニュー糖 70g
ブラウンシュガー 20g
塩 小さじ1/4
シナモン 小さじ1と1/4
バニラオイル 適量

□作り方□
  1. バター、ショートニングは1cm角に切って冷凍庫で冷やしておく。フードプロセッサーに薄力粉と塩、砂糖を入れて少し撹拌して混ぜる。
  2. 冷やしたバターとショートニングを入れて、様子を見ながら15回〜20回くらいガッガッとスイッチのオンオフを繰り返す。全体がさらさらの粉チーズのようになったら、冷水を加えて様子を見ながら5〜10秒くらい撹拌し、まとまってきたらスイッチを止める。生地を取り出し、手でボール状にまとめ、ラップに包んで冷蔵庫で休ませる。
  3. フィリングを作る。さつまいもは皮を剥いて適当な大きさに切り、柔らかくゆでる。大きいボウルに入れてすりこぎやマッシャーでつぶすか、フードプロセッサーにかけてなめらかなピュレにする。その他のフィリングの材料を順に加え、泡立て器でよく混ぜる(またはフードプロセッサー順に加えて均一になるように撹拌する)。
  4. 打ち粉をした台にパイ生地を出して、パイ皿より2cm程度大きくなるようめん棒でのばす。パイ皿に生地を広げ、はみ出たふちを下側に折り込む。底にフォークで数カ所穴をあけ、3のフィリングを流し入れて表面を平らにする。
  5. 210度に余熱したオーブンで10分焼き、190度に下げて25〜30分焼く。ふちに焼き色がついたら焼き上がり。

あたたかくても冷やしてもおいしいです。 

このパイもパンプキンパイと同様、ホイップクリームやバニラアイスクリームを添えて食べるとおいしさ倍増。


かぼちゃに続き、我が家は焼き芋、サラダ、パイとさつまいもざんまいです。


おばあちゃんのさつまいも。





ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、お願いします〜!

0 件のコメント:

コメントを投稿