2012年6月11日月曜日

なかしましほさんの140文字レシピ「シュー」に挑戦

人気のサイト、ほぼ日の中に、なかしましほさんのコーナーがあるのを最近になって知りました。
レシピが140文字だけでつぶやきのように書いてあり、その短い説明だけをたよりにお菓子を作って、写真を投稿しようという企画です。
なかしましほさんのレシピはどれも簡単でおいしくて身体にやさしくて、
こってり系のスイーツ好きの私でも一応ファンなんです。
子供に食べさせたりするのには本当はこういうのがいいって頭では分かっているんですよね。。

それで、面白そうなので、今回のレシピ「シュー」に挑戦してみました。

シュークリーム、私も好きですが、実は自分ではほとんど作った事がないんです。

私は「ケーキ作りが趣味です」などと公言しているくせに、
苺のショートケーキやシュークリームにロールケーキ、、という、
みんなが大好きな洋菓子の定番のようなものを、ほとんど作ったことがありません。
このブログを見て下さっている方にはお分かりかと思いますが、
ふわふわで口溶けの良いケーキにはあまり興味がなくて、どっしりした生地にこってりしたクリームのチョコレートケーキやキャロットケーキが好きだし、なかなか売っていないので自分で作りたい。
もしくは、朝食に食べられそうなマフィンやブレッドを作りたい。
紅茶に合うものよりコーヒーに合いそうなケーキが好き。
ということなんです。


そういうわけで、シュークリームを以前に作ったのはもう思い出せないくらい昔の頃で、
レシピ本をちゃんと見てプロセス通りに作って、それなりに成功はしていたと思います。
でも、作り方なんて本当に忘れていて、今回の140文字レシピを見て、
「へーそうやって作るのか」と思ったほどです。
持っている本やインターネットで作り方をちゃんと復習してからにしようかとも一瞬思いましたが、それでは趣旨に反するような気がして、
本当にこのレシピだけを参考にして作ってみました。

そしたら、できたのが。
…これです。


ザ・失敗。
失敗作の見本のような失敗作です。
あえて言うなら、つやつやで卵の風味はばっちりです。。

さすがに生地を作っている時点で、失敗の予感はしました。
なんか生地がゆるいなー、天板に生地を落として「広げない」って生地ゆるすぎて勝手に広がっちゃうよ〜。
大昔に作ったときは絞り出し袋とか使うくらい生地固かったような。。
たしか生地を練るのが大切なんだよな〜。
書いてある通りに、沸騰したら火から下ろして、粉を入れて、30秒練ったけどな。。
あっ、火を消すって書いてないな。むしろ「火を通す」って書いてあるから、
30秒練るのは火にかけたままなのか。。。がーん。

というわけで、見事に失敗ポイントを踏んだのでした。
できあがったシューは、それでもシュー生地のピタパンのようでおいしかったです。


割ってジャムをつけて朝食に食べましたとさ。



ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿