2012年1月6日金曜日

ウォルナッツ&コーヒーサワークリームケーキ

コーヒーケーキと言えばコーヒーに合うケーキのことですが、
これは本当にコーヒー風味のケーキです。
中にはほんのりシナモンをきかせたくるみがたっぷり。



実はこのケーキ、レシピコンテストに応募しようと思って作ったのですが、自分の定番にしようと思える気に入ったケーキができました。

くるみを活かしたケーキを考えて、自分の大好きなナッツフレーバーのコーヒーをイメージして作りました。
サワークリームを使ったコクのあるコーヒー生地にナッツの歯ごたえ、ホワイトチョコレートがミルキーな風味を加えています。
コーヒーショップでコーヒーを飲むときのお供にしたいケーキになりました。

□□Walnut Coffee Sour cream Cake□□

□材料□ 11cmミニクグロフ型3個

薄力粉 100g
ベーキングパウダー 小さじ1
無塩バター 75g
グラニュー糖 70g
卵 1個
サワークリーム 90cc
●インスタントコーヒー 小さじ2と1/2
●お湯 小さじ2
○くるみ40g
○ブラウンシュガー 小さじ2
○シナモン 小さじ1/2
○無塩バター 10g
○薄力粉 15g

ホワイトチョコレート 30g
牛乳 大さじ1/2
くるみ(飾り用) 適量


□作り方□
  1. 型にうすく油をぬり、分量外の薄力粉をはたいておく。
    バター、卵、サワークリームは常温にしておく。
    薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるう。
    インスタントコーヒーはお湯で溶いて冷ましておく。
    オーブンは170度に余熱する。
  2. フィリングをつくる。○のくるみを手で大きめに砕き、その他の○と合わせてボウルに入れ指で混ぜ合わせ、冷蔵庫に入れておく。
  3. ボウルにバターを入れて泡立て器でクリーム状にし、グラニュー糖を3回に分けて加え、その都度よく混ぜて白っぽくふわふわの状態にする。溶いた卵を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。サワークリームも加え、よく混ぜる。
  4. 粉類の半量を加え、ゴムベラでさっくりと混ぜる。溶いたコーヒーを加えて混ぜる。残りの粉類を加え、手早く混ぜ合わせる。
  5. 準備した型に生地をスプーンですくって型の半量になるように入れる。1のフィリングを散らし、残りの生地をその上に乗せ、表面をゴムベラで平らになるようにする(焼くと中心が盛り上がるので、中心から外側に向かって型のふちになすりつけるようにするとよい)。予熱したオーブンに入れ、170度で25分焼く。ラックに乗せて冷まし、あら熱が取れたら型から出して冷ます。
  6. ホワイトチョコレートを刻んで牛乳と共に耐熱容器に入れ、600wのレンジで50秒程度加熱する。よく混ぜてチョコレートをなめらかに溶かす。ケーキの上にスプーンでかけ、飾り用のくるみを包丁で刻んで乗せる。


ミニクグロフ型で焼いてプレゼント向けにしましたが、大きいクグロフやリング型で焼いてももちろん大丈夫です。(その場合は焼き時間を伸ばしてください)

前にも写真に写したかもしれませんが、上のファイヤーキングのマグは以前に骨董市で買ったもので、底に少しヒビが入っていて状態のいいものよりはだいぶ安かったので、思い切って買ったものです(私にはB品でも思い切れないと買えない値段…)。
とても好きなマグですが、私はお茶の時間にはティーバッグやインスタントコーヒーで済ませてしまうことが多いので、これに一杯で作ると少ないんですよね。。
このカップの大きさ、アメリカのものなのに意外と小さいなといつも思います。
きっと薄いコーヒーをサーバーから注いで何杯も飲むんでしょうね。


このごろ友達にも話しているのですが、
最近突如として電車マニアになったコウは(あれほどバスが好きだったのに)、
機嫌がいいとき覚えた単語を何でも言って「○○でんしゃ」と口走っています。
「あかでんしゃ」「あおでんしゃ」「きいろでんしゃ」は普通ですが、
「パパでんしゃ」「はっぱでんしゃ」「どんどんでんしゃ」(?)とか。
私が好きなのは「ふわふわでんしゃ」。なんかちょっとかわいい。ふわふわの電車。。

0 件のコメント:

コメントを投稿