2017年2月8日水曜日

チョコレートクランブルケーキ

バレンタインまであと1週間ですね!
いつものように、私はバレンタイン前でチョコレートのお菓子を次々作っているものの、結局当日は何を準備するのか、まだ決まっていません(笑)。

そんなわけで、今日はチョコレートケーキを焼きました。
ふつうのガトーショコラより変化のあるものにしたかったので、どんなケーキにするか考えて、上にはココアクランブルを乗せて、さくさくのアクセントをつけることにしました。
そして、生地にはギリシャヨーグルト(いつもの自家製水切りヨーグルトですが)を混ぜることに。
以前のサワークリームチョコレートケーキの風味が大好きなので、それをもっと軽やかな感じの生地にしようと思ったのです。
溶かしたバターとチョコレートに卵や粉を混ぜるだけなので、作り方はとても簡単。
クランブルを乗せるだけで、手の混んだケーキに見えます。


今回は17cmのシフォン型で焼きました。
前のココナッツレモンケーキもそうですが、パウンドケーキの生地をこの型で焼くのが気に入っています。


クランブルのさくさくとココアのほろ苦さが、生地のしっとりふわふわといいバランスです。
生地にギリシャヨーグルトをたっぷり混ぜたので、しっとりほろほろの食感になって風味もあり、私好みのケーキができました!


ホイップクリームを添えてもいいと思います。
バレンタインのコーヒータイムにぜひ!

■■Chocolate Crumble Coffee Cake■■

■材料■ 17cmシフォン型

クランブル 
 無塩バター 40g
 薄力粉 40g
 ココア 15g
 グラニュー糖 25g

薄力粉 100g
アーモンドプードル 20g
ココア 10g
ベーキングパウダー 小さじ2/3
ベーキングソーダ(重曹) 小さじ1/4
塩 小さじ1/4
卵 1個
グラニュー糖 75g
無塩バター 75g
チョコレート 50g
ラム酒 小さじ1
水切りヨーグルト 100g(約200gのヨーグルトを水切りして作る)

■作り方■
  1. ヨーグルトはコーヒーフィルターなどで水切りしたものを100g準備する。オーブンは180度に予熱する。
  2. クランブルを作る。ボウルに1cm角に切ったバター、その他の材料をすべて入れ、指先で揉み込むようにして混ぜてぽろぽろのそぼろ状にする。冷蔵庫に入れておく。
  3. ボウルにバターとチョコレートを入れて湯煎にかけて溶かす(またはレンジで溶かす。加熱し過ぎに注意)。ラム酒を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。別のボウルに卵とグラニュー糖を入れて泡立て器で少しもったりするまで混ぜ、溶かしたチョコレート、水切りヨーグルトを順に加え、その都度よく混ぜる。
  4. 粉類を合わせてふるい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。型に流して表面を平らにし、2のクランブルを散らし、余熱したオーブンで35分焼く。竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がり。ラックに乗せて冷まし、あら熱が取れたら型から外す。

ふつうのパウンド型や、マフィン型で焼いてもいいと思います。
その場合は焼き時間を調整して下さい。



先日、今我が家の子どもが落語にはまっていると書きましたが、もう一つの子どものお気に入りがイギリスのアニメ「サラとダックン」です。かわいいネタですみません。
前はEテレでときどきやっていましたが、最近は見かけません。代わりにケーブルテレビのディズニーのチャンネルで3話ずつやっているので録画して見ています。子どもが気に入って見ていたはずが、私も毎回楽しみになっていたりして。
音楽も色使いも、アートな雰囲気で溢れていて、夢の中のような不思議なお話ばかりで、出てくるキャラクターも個性的で愛嬌があるんです。派手な出来事はないけどほっこりするエピソードばかり。
サラの家がアヒルやレモン、マナティーのモチーフがいっぱいでかわいい!
我が家のお気に入りのキャラクターはエシャロットです。
3歳のアリはいいとして、小1の男子がこれが好きでいいのか、という気もするけど、まあ優しい子でよかったなということで。。
それで、Amazonで新しい本が出るようなので予約注文したのだけど、いっこうに届きません。いったいいつ来るのやら。

早く来ないかな。


インスタグラム始めました!
よければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪
「バレンタインの本命スイーツ」コーナーにレシピを掲載中!

0 件のコメント:

コメントを投稿