2012年7月17日火曜日

ブルーベリーポピーシードケーキ

先日、お友達の家に遊びに行くので、いつものように手みやげに焼き菓子を作って持って行くことにしました。
何にしようか考え、暑いのでなるべくさわやかにと思ってブルーベリーを混ぜ込んだサワークリームケーキを作りました。

何度も書いていますが、私はサワークリームを混ぜ込んだケーキが大好き。
バターだけのものより生地がしつこ過ぎないし、冷やして食べるのにもいいので、この時期にもぴったりだと思います。

型はフラワー型(という名前で売っていたと思いますが、私は勝手にミニサイズのバント型だと思っています)で焼きました。
ブルーベリーポピーシードケーキは、かなり以前から作っていて、今まで何度作った事か。
この型で焼いて、アイシングをかけるのが人にプレゼントするときの定番なのです。



何度かポピーシードを使ったお菓子をこのブログにのせていますが、
ブルーベリーとの相性もいいです。
ぷちぷちした食感と色がブルーベリーと似ているからかな?



レモン汁で作ったアイシングをかけて酸味をプラスしてアクセントにしましたが、
生地にレモンの皮を少し混ぜてもよりさわやかでおすすめです。

□□Blueberry Poppyseed Cake□□

□材料□ 16cmリング型

薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ1
無塩バター 50g
グラニュー糖 75g
卵 1個
サワークリーム 80g
ブルーベリー 80g
ポピーシード 小さじ2

粉糖 大さじ2
レモン汁 小さじ1/2〜


□□作り方□□

  1. 型に薄く油をぬってから分量外の粉をふっておく。バター、卵、サワークリームは室温に戻しておく。粉類は合わせてふるう。オーブンは180度に余熱する。
  2. ボウルにバターを入れて泡立て器でなめらかにし、グラニュー糖を3回に分けて加え、白っぽくふわふわになるまで泡立て器でよく混ぜる。溶いた卵を3回に分けて加え、その都度よく混ぜる。サワークリームも加えてなめらかに混ぜる。
  3. 粉類を加え、ゴムベラでさっくり混ぜ合わせる。粉気が残る程度でブルーベリーとポピーシードを加え、手早く混ぜ合わせる。
  4. 型に生地を入れて表面を平らにし(中心がへこむようにするとよい)、予熱したオーブンで45分焼く。途中表面が焦げそうだったらアルミホイルをかぶせる。竹串を刺して何もついてこなければ焼き上がり。あら熱が取れたら型からはずし、ラックにのせて冷ます。
  5. 粉糖とレモン汁を混ぜ合わせてアイシングを作り、スプーンで完全に冷めたケーキの表面にかける。
同じ型がなければ、ふつうのパウンド型やマフィン型でも大丈夫ですが、
その場合は焼き時間を調節してください。
でもマフィン型だと、ふつうのブルーベリーマフィンと思われてしまうかもしれません(笑)。



コウはブルーベリーが大好きで、冷凍のブルーベリーが買ってあるとおやつにもデザートにもしょっちゅう欲しがり、そのままつまんで食べています。
その手でソファーに触るので、今やうちのソファーは紫色の手形だらけ。
どうせ安物だし、引っ越したらカバーを買い替えようと思っているので、もうコウがいくら汚そうが放置しているのですが。。


ここ数日で、真夏ってこうだったね!という暑さになり、
しばらくオーブンを使ったお菓子はお休みかもしれません。台所が暑すぎる。。
おやつ作りにはゼラチンや寒天の出番ですね。

そういえば、この集まりのときに別のお友達が手みやげに持って来てくれたのがすいかのゼリーで、
冷凍するとシャーベットにもなるというものでした。
家主の友達がほどよく冷やしてくれていたので、遊んでいる子供達の熱気で暑くなっていたので、身体にしみるおいしさ!でした。
すいかゼリー、私も挑戦してみようかな?
その前に、すいかを買ってこなければ。
でも買って来たらそのままあっという間に食べちゃうだろうな。

0 件のコメント:

コメントを投稿