2012年7月12日木曜日

薄力粉で豆乳コーンパン

昨日の朝はコウがものすごく早起きで、午前中やたらに時間があったので、久しぶりにパンを焼きました。最近パン作りにはいい気温ですよね。

出産する前までは自分でパンも頻繁に作っていたのですが、子供が生まれて日中の連続した自分の時間がなかなかとれないので、パンはめっきり作らなくなりました。
お菓子は計量だけできるときにしておいて、生地作りはちょっと手が空きそうなときに一気に済ませてあとはオーブンへ、という感じで作れるのですが、
パンは一度捏ねだしたら捏ね終わるまで本当に手が離せないし、
発酵がどんどん進んでしまうので、ちょうどいいタイミングで子供が私を自由にさせてくれるか分からない、
成形の途中で邪魔されたくない、、
などなどの理由で、パン作りは本当にやる気がなかったのです。

でも最近、コウが夕方のクッキングアイドルの番組(笑)を見ていて、「コネコネしたーい」などと言っていたので、
「そうか〜そろそろそういうことを一緒にやるべきときが来たのか」と思っていたのです。

でもいつものことながら作ろうと急に思い立ったので、家には今強力粉がありません。
今までパンを薄力粉100%で作ったことはなかったのですが、まあどうにかなるだろう、と思って作ることにしました。どうせ生地をコウに触らせたらどうなるかわからないし。。

何パンにしようかな?と考えて、コーンの缶詰を開けたのが冷蔵庫に残っていたので、それを混ぜ込んでコーンパンにしました。
水分は豆乳にして、ヘルシーな豆乳コーンパンです。

生地は強力粉のときより弾力が少ないけれど、普通に捏ねる事ができました。
あらかた生地がまとまったら、コウにも触らせました。
手をベタベタにしながら、嬉しそうにこねこね(といってもビビリなので、ちょっと指先で揉む程度)。
適当なところで、
「はいお手伝いありがとう!あとはママが仕上げるね」
などど言ったら、案外その後の作業は邪魔されずに済みました。

焼き上がったのがこれです。



焼き上がりは思ったより皮が固めにカリッとしました。これは豆乳で作ったせいだと思います。
薄力粉で作ったので、ふっくらふわふわでやわらかいパンというより、生地のひきがあっさりした、ちょっとハード系の食事パンという感じです。
本当は子供が食べやすい柔らかめのパンを作ったつもりだったのですが、
どちらかといえば私好みのシチューとかスープに合いそうなパンになりました。


思いつきで作ったレシピですが、粉の香りや甘みも十分あって、なかなか気に入ったものができました。


全部丸い形にしようかなと思ったけど、子供が持って食べるのにいいかな?と思って、2個は細長くしてみました。


レシピは配合と焼き時間だけメモ程度に書いておきます。
丸い形は丸め直しはしませんでした。分割のあといきなり成形。。

□□豆乳コーンパン□□

□材料□
薄力粉 200g
塩 3g
砂糖(ブラウンシュガー) 10g
ドライイースト 3g
マーガリン(有塩) 10g
豆乳 130cc前後
コーン 80g

2次発酵の後表面に粉をふり、210度で15分焼成


久々のパン作り、楽しいしおいしいけどやっぱり気合いがいるな。
コーンを混ぜ込む作業がかなり手間取って汗だく。
ホームベーカリーが欲しいよう〜。



ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿