2017年3月11日土曜日

桜とホワイトチョコレートのスコーン/クランベリーとホワイトチョコレートのスコーン

instagramで他の方のおいしそうなスコーンの写真を見ていたら、私も急にスコーンが食べたくなってしまいました。
そこで、桜スイーツも作りたいなぁと思っていたので、いつものスコーン生地に桜とホワイトチョコを混ぜて作ることにしました。
ところが、使おうと思っていた桜の塩漬けが少ししか残っていなくて、生地の半分は桜とホワイトチョコ、残りはクランベリーとホワイトチョコのスコーンにすることにしました。

できあがった桜のスコーンはこちらです。


桜のお菓子にはどうしてもホワイトチョコを一緒にしたくなってしまう私。
塩気とミルキーな甘さがぴったりなんです。
焼き上がりの香りといったら!
もちろん焼きたてをアリと一緒に食べました。

そうそう、この写真、奥のスコーンは実はすでにぼろぼろなんです(涙)
アリが焼きたてをラックに乗せる作業をやりたがり、いきなりぐゎし!と掴んだので、桜は取れるし、割れてしまうし。。
写真を撮ったあとで二人でそれを味見しましたとさ。

そして、クランベリーのスコーンはこちらです。



クランベリーとホワイトチョコも定番のおいしさ。
朝食にもよさそうです。

作り方は今回したように半々で2種類ではなくて、全部の量で1種類を作った場合で書いておきます。

■■Sakura & White chocolate Scones■■

■材料■

薄力粉 180g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
塩 小さじ1/2
砂糖 大さじ2と1/2
無塩バター 60g
卵 1個 
生クリーム 大さじ2
桜の塩漬け 15輪
ホワイトチョコレート 45g

■作り方■
  1. バターは1cm角に切って冷凍庫で冷やしておく。ホワイトチョコは8mm角くらいに切っておく。桜は洗ってから5分ほど水につけて塩抜きし、ペーパータオルで水気を取り、半量を刻んでおく。オーブンは180度に余熱する。
  2. フードプロセッサーに粉類を全て入れて5秒程度撹拌する。冷えたバターを入れ、スイッチのオンオフを繰り返してガッガッと混ぜ、バターが米粒くらいの大きさになってさらさらになるまで混ぜる。溶いた卵と刻んだ桜を加えて10秒くらい混ぜ、生クリームを加えてさらに撹拌する(少し残して撹拌し、様子を見て全量加えると良い)。生地がひとまとまりになってきたら蓋を開けて取り出し、二つに分けて手でそれぞれボール状にまとめる。
  3. 打ち粉をした台に生地の半分を置いて手で伸ばす。上にチョコレートの半量を散らし、手で少し押し付けるようにする。残りの生地を広げて上に重ね、チョコレートを散らして手で押し付ける。スケッパーなどで半分に切って2枚を重ね、手で少し伸ばす。もう一度半分に切って2枚を重ね、10×15cmくらいに手で伸ばす。包丁で8等分に切り、上に桜の花を乗せる。オーブンシートをしいた天板に間隔をあけて乗せる。予熱したオーブンで20分焼く。ラックに乗せて冷ます。

■■Cranberry & White chocolate Scones■■

桜のスコーンの桜の代わりに、
クランベリー35g
を作り方3のチョコレートを加えるときに一緒に加える。
あとは同様に作る。


トップにさらにホワイトチョコを溶かしてかけた方がチョコ感増して良かったかな。
ホワイトチョコは溶けてしまうと生地に馴染んでわかりにくくなるなぁ。

生クリームは35%のものを使いました。
残りをホイップして暖かいスコーンに添えるとさらにおいしいだろうな〜。




ちなみに、インスタを始めるのをおすすめしてくれたお義姉さんは「いろいろな写真見て欲しいものが増えちゃうよ!」と話してくださいましたが、私の場合、食べ物というかお菓子の写真ばかり見ているので、食べたいものや作りたいものが増えるばかりです(笑)。
他の方の素敵すぎるスタイリングに溜め息。
テーブルまわりの雑貨や食器、みなさんおしゃれなのお持ちなんですねぇ。
私も雑貨屋さん行きたくなってしまうー。
ってやっぱり欲しいものも増えているか(笑)。


インスタグラム始めました!
よければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪

0 件のコメント:

コメントを投稿