2014年10月5日日曜日

さつまいものホットビスケット

先日はさつまいもをマフィンにしたので、今度はさつまいもをたっぷり生地に混ぜ込んだビスケットを作りました。

さつまいものスコーン、でもいいのですが、なんとなくこれはスープやシチューと一緒に食べてもおいしいビスケットというイメージで作りました。
(ちなみに、アメリカでは甘くてブルーベリーやチョコなどの具が混ざったものがスコーン、ケンタッキーにあるようなプレーンで食事と一緒に食べられるものがビスケットと呼ばれるそうです。)

かぼちゃと同様に、最近はさつまいもを買ってきたら、とりあえず蒸しておいて冷蔵庫に常備しています。
アリのおやつにも私の小腹用にも(笑)なるし、サラダも甘いものも作れるし、お弁当にも便利。
今朝はそれを使ってあっという間に生地を作ってオーブンに入れ、焼きたてを朝食に食べることができました。


バターを使った焼き菓子って実は久しぶりだったのですが、さつまいものお菓子はバターの香りがする方がやっぱり断然おいしいと思います。


さっくり、中はしっとりほんわりおいもの香り。
やっぱり焼きたては最高です。



久々にシンの手が出演(笑)。



□Sweet Potato Hot Biscuit□ 

□材料□ 8個分

薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ2
ブラウンシュガー 30g
塩 小さじ1/4
無塩バター 50g
さつまいも(加熱してつぶしたもの) 120g
牛乳 50cc
ヨーグルト 大さじ2

□作り方□

  1. さつまいもは茹でるか蒸してつぶしたものを120g用意して、完全に冷ましておく(冷蔵庫に入れて冷やしておくとさらに良いです)。バターは1cm角に切って冷やしておく。オーブンは200度に余熱する。
  2. 粉類を全てフードプロセッサーに入れ、10秒程度撹拌する。冷えたバターを入れてスイッチのオンオフを繰り返してガッガッと撹拌して、様子を見ながらバターが米粒くらいになるまで混ぜる。さつまいもと牛乳、ヨーグルトを加えて撹拌し、まとまってきたら止める。
  3. 打ち粉をした台に生地を出し、手でひとまとめにする。包丁で半分に切って二つを重ねて手で押しつぶし、もう一度半分に切って二つを重ね、10cm×20cmに手で押しつぶして伸ばす。8等分に切り、オーブンペーパーをしいた天板に乗せる。表面に分量外の牛乳を指で塗って、予熱したオーブンで15〜18分焼く。


正直に書くと、実は無塩バターがなかったので、有塩バターを使って、塩はひとつまみにして作りました〜。。

6等分くらいでもいいと思います。その場合は焼き時間を伸ばしてみてください。

さらにメープル味のアイシングなんかをかけると、それこそおやつ用の甘いスコーンになってそれもおいしいと思います。



昨日は運動会でした!
天気も大丈夫だったし、コウも張り切ってかけっこや玉入れしていました。
ママはお弁当作りに荷物の準備に係の手伝い、パパも玉入れや親子競技に出て、親の方が帰ったらバタンキュー。。


ミートボール(豚と鶏と豆腐を混ぜて、ケチャップ味にした)、から揚げ(冷凍の!)、甘辛れんこん(好評)、さつまいものサラダ(ここにも登場のおいも)、ブロッコリーとプチトマト、おいなりさん、梅おにぎり。
つめる場所がなくて、ブロッコリーとトマトがあちこちに。






0 件のコメント:

コメントを投稿