2014年8月17日日曜日

ブレッドプディング

今日で娘のアリは10ヶ月。
あと2ヶ月で1歳です。二人目の成長ってほんとに早い。
のんびり屋のアリもすっかりはいはいが加速し、部屋中動き回っています。
つかまり立ちやつたい歩きはまだなので、相変わらずのんびり屋ではあるのですが、
おすわりだけで遊んでいてくれた時代は終わり、目が離せなくなってきました。

そんなアリが、今朝は5時に起きてから授乳しても寝てくれず、それに付き合って私も5時起き。
一人で遊んでいるアリをほったらかして私は横になっていようかと思いましたが、何をいじり出すかわからないし、どうせ寝かせてもらえないならその時間でおいしい朝食を作ろうと思ってしまう性分の私。
今朝はアリが遊んでいる間にブレッドプディングを作りました。


ブレッドプディングと言えばアメリカふう、フランスふうにはパンプディング。かな?
パンに卵液をしみ込ませるのに時間がかかるし、オーブンで30分くらい焼くので、パンケーキやフレンチトーストなんかに比べたら時間がかかります。
朝食に食べようと思ったら、前日から準備しておくか、朝食のよほど前から作らないといけないので、登場頻度は少なくなってしまうのですが、休日の遅めのブランチのためにのんびり作る、、というにはぴったりのメニューだと思います。


今日はバナナとピーカンナッツを混ぜました。
バニラとシナモン、バナナの甘い香りが混ざって幸せな気分です。
卵液を吸ったふわふわのパンとナッツのコントラストがいい感じ。



あたたかくても、冷たく冷やしたものもおいしいです。
本当はあったかいブレッドプディングにはバニラアイスクリームを添えるのが最高ですが、朝なので我慢しました(笑)。



□□Bread Pudding□□

□材料□ 18cm角の耐熱皿
パン(バターロールくらいのもの) 4個
卵 2個
牛乳 250cc
きび砂糖 大さじ2と1/2
塩 ひとつまみ
バニラオイル 適量
シナモン 小さじ1/4
バナナ 1/2本
ピーカンナッツ(刻む) 大さじ2

□作り方□

  1. 耐熱の器の内側にバター(分量外)を塗っておく。バナナとピーカンナッツは刻む。
  2. ボウルに卵を入れて溶きほぐし、牛乳と砂糖、バニラ、シナモンを加えて混ぜる。パンを1〜2cm角に切って1の器に入れ、バナナとピーカンナッツを散らし、卵液を注ぐ。そのまま1時間以上パンが卵液をしっかり吸うまで寝かせる(事前に準備しておく場合は冷蔵庫へ)。
  3. 180度に予熱したオーブンで30分焼く。表面がきつね色になったら焼き上がり。


パンは先日行ったコストコで買ったディナーロールがたくさん冷凍庫にあったので(笑)、それを4個使いましたが、ふつうのバターロールや食パンなど、どんなパンでも大丈夫だと思います。
ブリオッシュやクロワッサンならよりリッチになっておいしいはず。

バナナとピーカンナッツ意外にも、くるみや他のナッツ、レーズンなどのドライフルーツ、りんごなどの果物、どれを混ぜてもおいしいと思います。

以前のアップルクランベリーのオーブン焼きフレンチトースト、やっぱりこれもブレッドプディングと同じ、、ですよね〜
名前つけがいい加減ですみません!
パンを小さく切って卵液に浸して焼くのがブレッドプディングかしら??




ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿