2015年4月24日金曜日

チョコレートマーブルニューヨークチーズケーキ

久しぶりにチーズケーキを作りました。



先日買い物に行った輸入食材のお店で、期限の近くなったグラハムクラッカーがとても安く売っていたので(私、セール品やアウトレットで安くなった食材を探すのが大好きなんです)、迷わず購入して帰りました。
ちょうど冷蔵庫には、少し前にこれまたセールで買ったクリームチーズが一箱あって、出番を待っていたのです。


チーズケーキを作るときは、どんなチーズケーキがいいか考えるのも楽しみ。
チーズケーキ好きの人は、きっとみんなそうだと思います。
今回は、チョコレートマーブルのニューヨークチーズケーキにすることにしました。
プレーンもチョコレート味も、どっちも食べたかったので!



とてもなめらかで柔らかく、口の中でとろけるチーズケーキができました。
リッチなチョコレート味と、なめらかですっととろけるプレーン、どちらも楽しめます。



これは実は、今まで作ったチーズケーキで一番気に入ったのができたと思っています。

家族の誰にもこれを作ったことを教えないまま、一人でほとんど食べてしまいました。。!



□□Chocolate Swirl N.Y. Cheese Cake□□

□材料□ 16cm丸形

クリームチーズ 200g
グラニュー糖 45g
卵 1個
生クリーム(脂肪分35%を使いました) 100cc
レモン汁 小さじ1
レモンの皮(すりおろしたもの) 少々
チョコレート(カカオ65%を使いました) 40g
クラスト
 グラハムクラッカー 60g
 無塩バター 20g

□作り方□

  1. 型の底をアルミホイルで覆っておく。湯煎用の熱湯を湧かしておく。オーブンは150度に余熱する。生クリームはレモン汁と合わせておく(とろっとした状態になる)。
  2. クラストを作る。グラハムクラッカーをフードプロセッサーにかけるか、厚手のビニール袋に入れてめん棒で叩いて粉々にする。バターをレンジで溶かして混ぜ、型の底にしいて手で押さえつける。
  3. クリームチーズをレンジに少しかけて柔らかくし、ボウルに入れて泡立て器で滑らかにする。グラニュー糖、卵、レモンの皮、1の生クリームを順に加え、その都度よく混ぜる。
  4. チョコレートを刻んでボウルに入れ、湯煎にして溶かす。3の生地をおたまに1と1/2杯分くらいチョコレートのボウルに入れ、泡立て器で混ぜてチョコレート生地にする。
  5. プレーン生地を型に流し、次にチョコレート生地を流し入れる。竹串でマーブル模様を描き、天板に乗せて周りに熱湯をはる。150度で20分焼く。周りが固まり、中央は揺れる程度で焼き上がり。ラックに乗せてあら熱を取り、冷蔵庫で一晩冷やす。

実は、サワークリームも入れようと思ったのに買うのを忘れてしまっていたのです。
代わりにレモン汁を混ぜて、酸味と風味を補いました。
でも思った通りの生地に仕上がって満足です。
生クリームの半量をサワークリームにしても風味が増すと思います。
その場合はレモン汁も半分にした方がいいと思います。




ところで、写真の青いお皿は、実はオーブン用の耐熱皿です。
24cmくらいあるのですが、その大きさの割にはすごく安くて(安い物の話ばかりですみません。でも600円は安いですよね?)、
店頭でしばらく葛藤していたのですが、重いし、こんなに大きいオーブン料理やパイはなかなか作らないのはわかっているけど、色もすごく好みだし、これで大きなアップルパイを焼いてみたい〜!と思って、買わずにいられなかったのでした。
いずれこれでパイを作った写真が出てくると思います。



ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!

0 件のコメント:

コメントを投稿