2017年1月29日日曜日

レモンスクエア

冷蔵庫に国産レモンが残っていたので、レモンをメインにしたお菓子を作ろうと思いたちました。
実はいつも、レモンを半分だけ使ったりすると、残りを使うのを忘れているうちにダメにしてしまったりするんです。
レモンをたくさん使うお菓子、何がいいかな?と考えて、レモンスクエアにすることにしました。

レモンスクエアはアメリカで定番のお菓子で、ショートブレッドふうのさくさくの生地の上に、卵とレモン果汁たっぷりの生地を流して焼き上げます。
レシピによって、上のレモン生地が膨張剤も入りケーキっぽかったりもするようですが、私はレモンカードに似た濃厚なものにしたいなと思い、レシピを考えました。
チーズケーキふうな感じにもしたかったので、得意の材料(?)水切りヨーグルトを混ぜることにしました。
これは大正解!
甘酸っぱいレモン生地がよりクリーミーでおいしくなりました。
出来上がったのがこちらです。


さくさくのショートブレッド生地にはアーモンドプードルも混ぜたので、よりリッチで上の濃厚なフィリングとの相性ばっちり。
タルト型で焼いて、レモンタルトとしてもいいかも!と思いましたが、やっぱりこの色と濃厚な甘酸っぱさは、四角く焼いて小さいスクエアに切り分けて食べるのが合っているように思います。



これは断然ストレートの紅茶に合います!

■■Lemon Square■■

■材料■ 15cm角形

薄力粉 100g
アーモンドプードル 20g
グラニュー糖 20g
塩 小さじ1/4
無塩バター 100g
レモンの皮(すりおろす) 1個分

フィリング 
 卵 1個
 卵黄 1個
 レモン汁 50cc
 グラニュー糖 100g
 ギリシャヨーグルト(水切りヨーグルト) 90g
 コーンスターチ 大さじ2

■作り方■

  1. 型にオーベンペーパーをしいておく。バターは1cm角に切って冷やしておく。粉類は合わせてふるっておく。オーブンは180度に余熱する。
  2. 粉に冷えたバターを入れ、指先で粉を揉み込むようにして混ぜる。粉っぽいのがだんだんそぼろ状になり、ひとつにまとまってきたら生地を型に移し、指を使って平らに押し広げる。予熱したオーブンで15分焼く。
  3. 焼いている間にフィリングを作る。ボウルに全ての材料を入れて泡立て器でよく混ぜ合わせる。焼けた生地の上に注ぎ入れ、オーブンに入れる。170度にして20分焼く。型をゆらして真ん中が揺れるくらいで焼き上がり。あら熱が取れたら型からはずし、冷蔵庫で冷やす。

冷やしてからの方が切り分けやすいです。(写真は常温のまま切ってしまったので、切り口がきれいじゃないんです〜)

レモンのお菓子、いろいろあるけれどこれは自分の作った中で一番レモン度が高いです(笑)。甘酸っぱさに目が覚めるようで春先にぴったりの味だと思います。



インスタグラム始めました!
よければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪

0 件のコメント:

コメントを投稿