2017年8月11日金曜日

パイナップルココナッツチーズケーキ

八月ももう半ば!
子供たちと毎日朝から晩まで過ごしている夏休みど真ん中ですが、ハワイ気分を忘れずに過ごそうと心がけている毎日です。(じゃないと育児のモチベーションが。。。)

先日作ったのは、パイナップルとココナッツのチーズケーキ。
ゼラチンで固めるレアチーズケーキにしようかとも思いましたが、やっぱりいつもの湯煎焼きで、とろけるような口当たりを目指しました。


生地に角切りにしたジューシーなパイナップルを混ぜて、クラストのココナッツとのコントラストがいい感じ。上からもサクサクのココナッツを散らしました。


トロピカルなチーズケーキができて、満足です。
アイスコーヒーと一緒に一息つくときにぴったり。


■■Pinapple & Coconut Cheese Cake■■


■材料■ 15cm角形

クリームチーズ 230g
グラニュー糖 75g
水切りヨーグルト 100g
卵 1個
生クリーム 50cc
レモン汁 小さじ2
コーンスターチ 大さじ1と1/2
パイナップル 100g

クラスト
 ビスケット 55g
 ココナッツファイン 大さじ1と1/2
 太白胡麻油 大さじ1

トッピング ココナッツファイン 大さじ2


■作り方■

  1. 型にオーブンペーパーを敷いておく。オーブンは160度に予熱する。パイナップルは5mm角に切り、ペーパータオルで水気を取っておく。ヨーグルトは事前に200gをコーヒーフィルターに入れて冷蔵庫に数時間おいて水切りしたものを100g用意する。
  2. クラストを作る。ビスケットを袋に入れてめん棒で細かく砕き(またはフードプロセッサーにかける)、ココナッツファインと混ぜ合わせる。太白胡麻油を加え混ぜ、型の底に敷き詰める。
  3. ボウルに室温にしたクリームチーズを入れ(固い場合はレンジに少しかけて柔らかくする)、泡立て器でよく混ぜて滑らかにする。グラニュー糖、水切りヨーグルト、卵、生クリーム、レモン汁、コーンスターチを順に加え、その都度泡立て器でよく混ぜる。パイナップルを加えてさっと混ぜる。
  4. 2の型に生地を流し入れる。天板に置き、周りにお湯を流し入れる。予熱したオーブンで20〜25分焼く。型を揺らして真ん中が少し揺れるくらいで焼き上がり。ラックに乗せて冷まし、型のまま冷蔵庫でしっかり冷やす。

パイナップルは缶詰のものを使いました。

今回は底の取れない角形で作ったので、取り出しやすいようにオーブンペーパーを敷きました。底の取れる丸型の場合はオーブンペーパーはいりませんが、湯煎のお湯が入らないように周りをアルミホイルで覆ってください。



昨日は子供二人を連れて、川崎にある藤子不二雄ミュージアムに行ってきました。


私は漫画の原画を見られて感激!
子供たちは解説の聞ける「お話電話」を貸し出してもらい、展示物にある番号を押して解説が流れるのを聴くのに夢中でした。(ドラえもんの道具みたいで楽しいみたい)
それに、遊べるコーナーではしゃいで、ガチャガチャやったり漫画を自由に読んだり。



かわいいフォトスポットがたくさんで、私もあちこちで撮りました。

アイスどら焼きとアイスコーヒーで一息。子供はSFサイダー(すこしふしぎサイダー、らしいです笑)。
子供用の解説を聞けるお話電話しか借りなかったので(それに子供が離そうとしなかったから、私は聞けず)、もっとゆっくり展示の解説を聞きたかったなー。
いろいろかわいくて、のんびりとした雰囲気で、ママも癒されるミュージアムでした。




ランキングに参加しています。
お菓子カテゴリのランクイン、とってもとっても嬉しいです。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪


こちらもよければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

0 件のコメント:

コメントを投稿