2015年10月19日月曜日

パンプキンブレッドプディング

10月の週末の朝食にぴったりのメニューを作りました。


かぼちゃをたっぷり使ったブレッドプディングです。
つぶしたかぼちゃと卵と牛乳を混ぜ合わせたところにパンをひたして、しみ込んだところをオーブンでこんがり焼きます。
何度も書いていますが私はスパイスのきいたパンプキン味が大好きなので、シナモンとジンジャーを加えて、パンプキンパイのような暖かみのある香りにしました。



焼きたてをお皿に取って、好みでメープルシロップをかけて。
ちょうどホイップした生クリームが残っていたので(前日のバースデーケーキの残りです)、ホイップクリームもつけてしまいました。
ますますパンプキンパイのようになって、朝からしあわせ!



ところで我が家は生協を利用していて、個包装になっていて保存のきくクロワッサンをときどき箱で買います。
いつでも食べられて便利なのですが、何回か続けて買って少し飽きてきてしまったので、それをブレッドプディングにしました。
パリパリとした層になっているふつうのクロワッサンとはちょっと違うのですが、それでも風味があってリッチな生地なので、おいしいブレッドプディングになりました。
次は本当のクロワッサンでぜひ作ってみようと思います。
きっとさらにバターの香りで表面はさっくさく、もっとパンプキンパイのようになるに違いない、と思うんです。
もしくは、ブリオッシュを使って作ってもパンプキンプリンのようなリッチな風味でおいしいのができるはず。
秋の間にもう一度試そうと思います。


パンが卵液を吸うのに時間がかかるので、できれば前日の夜に仕込んでおいて、次の日の朝オーブンに入れるだけ、というのがおすすめです。

洗い物を減らすために焼くときの耐熱皿で全て作業しました。
その通りに手順を書いておきます。

□□Pumpkin Croissant Bread Pudding□□

□材料□ 13×18cm耐熱皿

かぼちゃ(正味) 120g
きび砂糖 大さじ3
シナモン 小さじ1/4
ジンジャーパウダー 少々
卵 1個
牛乳 250cc
クロワッサン 3〜4個 (または他のパンならバターロール4個分くらい)


□作り方□

  1. かぼちゃは種と皮を取って正味120gを用意する。5cm角程度に切って耐熱皿に並べてラップをし、600wのレンジで2分半〜3分程度加熱する。そのままフォークでつぶす。少量の牛乳を加えて混ぜ(温度を下げるため)、砂糖とスパイス、卵、残りの牛乳を順に加え、その都度よく混ぜる。
  2. パンを3〜4等分に切って加え、全体に液が回るようにざっと混ぜる。そのまま冷蔵庫に1時間以上置いて卵液を吸わせる。
  3. 焼く前にレンジに1分程度かけて少し温める。190度に予熱したオーブンで25分焼く。


先週末はアリの2歳の誕生日。
ばあばじいじも呼んで、にぎやかにパーティーしました。
私はサラダとケーキ担当、あとはばあば二人におまかせ。
アリはプレゼントにかわいい傘や雑誌をもらってご機嫌でした。



私はお人形遊びが大好きになったアリのためにお人形用のだっこひもを作ったのですが、その話は次に書くことにします。
もう2歳、というか、まだ2歳になっていなかったのか〜という感じです。
イヤイヤなんてもうすでに一段落しているような。コウが3歳のときと同じ感覚です。
とにかく、元気に大きくなってくれてよかった!



最後にお知らせ。
朝時間.jp様から、レシピ掲載のご連絡を頂きました。
10月27日の「今日のイチオシ朝ごはん」に、私のパンプキンブレッドがピックアップされるそうです。ありがとうございます。
こちらもやっぱりパンプキン。タイムリーなお話でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿