2018年3月17日土曜日

レモンスコーン

今日から娘のアリは春休み。
今日はお義姉さんが遊びにきてくれる予定だったので、何かお菓子を焼いておこうと思っていたのですが、バタバタして何も準備していなかったので、午前中に娘と一緒にスコーンを焼きました。
いつもそうなのですが、私のお菓子作りって「ぱぱっと作れて、子供が手を出しても失敗せず、今家にある材料でできるもの!」という条件で作るものを考えています。
それで今回焼いたのがこのレモンスコーン。
ちょうど冷蔵庫に国産のレモンがあったのです。良かった!



生地は以前作ったブルーベリースコーンやチョコチャンクスコーンと同じで、レモンの皮を混ぜて上からレモン果汁で作ったアイシングをかけました。
さくほろの生地に甘酸っぱいアイシング、春にぴったりのスコーンです。


■■Lemon Scones■■

■材料■

薄力粉 180g
ベーキングパウダー 小さじ1と1/2
塩 小さじ1/2
グラニュー糖 35g
レモンの皮(すりおろし) 1個分
無塩バター 60g
牛乳 60cc
ヨーグルト 大さじ2

レモン 輪切り6枚

粉糖 30g
レモン汁 小さじ1〜


■作り方■

  1. バターを1cm角に切って冷蔵庫で冷やしておく。オーブンは180度に予熱する。レモンの皮をすりおろし、果汁を絞る。飾り用に薄切りに6枚切る。
  2. フードプロセッサーに粉類を計り入れ、レモンの皮のすりおろしも加え、全体が均等に混ざるように攪拌する。バターを加えてガッガッとスイッチのオンオフを繰り返して撹拌し、バターが米粒大になりサラサラの状態になったら止める。牛乳とヨーグルトを加え(牛乳を少し残しておく)、再びガッガッと攪拌する。粉っぽいところに残した牛乳を加えてさらに攪拌する。全体が一つにまとまってきたら止める。
  3. 生地を手でボール状にまとめ、台に打ち粉をして生地を置く。手で押しつぶして厚さ2cm程度に伸ばす。包丁で6当分に切り、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。スライスしたレモンを乗せ、余熱したオーブンで25分焼く。ラックに乗せて冷ます。
  4. 粉糖にレモン汁を少しずつませてアイシングを作り、冷めたスコーンにかける。



もう2週間くらいすぎてしまいましたが、3月3日の桃の節句は桃のタルトを作りました。レシピは以前いつくったこちら。今回はクリームチーズではなく贅沢にマスカルポーネを使いました。



後ろに飾ってある娘が幼稚園で作ったお雛様、立ち位置が逆でしたね。。


ひな祭り用の可愛いシュガークラフトの飾りを飾りたかったのですが、事前に買っておかなかったので、当日スーパーでピンクのデコペンを買ってきてお花の飾りを作りました。
タルトの残り生地をお花のクッキーにしたものも飾り、デコペンでもお花を作りました。


夜ご飯はちらし寿司と蛤とスナップえんどうの炒め物、カプレーゼとお吸い物。

アリが産まれるまで完全スルーだった桃の節句ですが、春一番めの行事という感じで今は大好きです。



さて、お知らせです。
レシピブログ様の特集記事「初心者にもかんたん!もっちりふわふわ「豆腐ドーナツ」まとめ」に私のレシピ豆腐ドーナッツ・プレーンきなこが掲載されました。
豆腐を使った焼きドーナツ、ヘルシーだし作るのも簡単でオススメです!
ちょうど私も先日、チョコ味を作ったばかり。



こちらもぜひ試してみてくださいね!



ランキングに参加しています。
お菓子カテゴリのランクイン、とってもとっても嬉しいです。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!励みになります♪


こちらもよければ覗いてみてくださいね。フォローもお願いいたします♪
Instagram

0 件のコメント:

コメントを投稿