2015年6月5日金曜日

ストロベリー&ココナッツヨーグルトケーキ

毎年この時期に親戚のいちご農家の方から頂いているジャム用のいちご、今年も頂きました。

いつもジャムにするのはもったいないくらいおいしい立派ないちごが大半なので、半分はそのまま食べてしまっています。
残りの半分をジャムにして、半分はジュースやお菓子に使うために洗って切ってから冷凍しているのですが、
その冷凍しておいたいちごを使ってケーキを作るのも、ここ数年の年中行事です。

そろそろ何かケーキを作りたいなと思い、最近毎日夏みたいに暑いので、冷たくてもおいしいケーキにしようと思って考えました。
(自分の好みで作っているので、毎年似た感じのケーキになっているのですが。。!)
ちょうど食材の棚にあるココナッツが目に留まったので、ココナッツといちごを組み合わせて作ることにしました。
シャキシャキで甘い香りのココナッツと甘酸っぱくてジューシーないちご、絶対おいしい組み合わせ!とひらめいて嬉しくなりました。

できたのがこのケーキです。


さわやかでしっとりした生地にしたかったので、水切りヨーグルトを使いました。
サワークリームを使った生地より、さらにさっぱりしてさわやかな食べごたえです。
トッピングにココナッツたっぷりのクランブル。






今回はシフォン型で作りました。
パウンド型で作るのとまた違った印象でいいなと思います。
リング型になっているだけで、特別感が増すような気がする(笑)。



甘いココナッツのクランブルと、中のいちごがいいコントラストです。
シンも「ココナッツがいい感じ」と言ってくれました(言わせた?)。
水切りヨーグルトといちごの水分のおかげで、冷蔵庫で冷たく冷やしても生地はしっとり柔らかいので、この時期にぴったりのケーキができたと思います。


□□Strawberry & Coconut Greek Yogurt Cake□□

□材料□ 17cmシフォン型1台

薄力粉 150g
ベーキングパウダー 小さじ1
ベーキングソーダ 小さじ1/4
塩 小さじ1/4
バター 75g
グラニュー糖 50g
ブラウンシュガー 40g
水切りヨーグルト 100g(200gのヨーグルトを一晩水切りする)
牛乳 大さじ2
ココナッツファイン 大さじ2
いちご(正味) 180g

クランブル
 ココナッツロング 25g
 薄力粉 15g
 ブラウンシュガー 15g
 バター 15g


□作り方□

  1. ヨーグルトは事前に200gをコーヒーフィルターに入れて冷蔵庫で5時間〜一晩おき、水切りしておいたものを100g用意する。その他の材料は室温にしておく。いちごは洗ってヘタを取り、大きい物は1/4、小さい物は半分に切っておく。型に薄く油を塗っておく。
  2. クランブルの材料を全てボウルに入れ、指先で揉み込むように混ぜる。全体が混ざったら冷蔵庫に入れておく。
  3. ボウルにバターを入れて滑らかにし、砂糖を3回に分けて加え、ハンドミキサーの高速で混ぜる。白っぽくふんわりとしたら溶いた卵を3回に分けて加え、ハンドミキサーの中速で混ぜる。(途中周りに飛び散った分をゴムベラで集める)
  4. 粉類を合わせて1/3を加え、ハンドミキサーの低速で中心を混ぜ、ゴムベラで飛び散った粉類を集める。水切りヨーグルトを加えて低速で混ぜ、中心が混ざったらゴムベラで周りを集めて残りの粉類の半量をふるい入れる。同じようにハンドミキサーで混ぜて牛乳と残りの粉類を繰り返し加えて混ぜる。最後に粉気が残っているうちにいちごとココナッツファインも加えて混ぜ合わせる。
  5. 型に生地を流し、表面にココナッツクランブルを散らす。180度に予熱したオーブンで40〜45分焼く。竹串を刺して何も付いてこなければ焼き上がり。ラックに乗せて冷まし、あら熱が取れてから型から外す。


自家製の水切りヨーグルトで作りましたが、市販のギリシャヨーグルトがあればそれでももちろん大丈夫だと思います。
いちごは冷凍しておいたものをそのまま混ぜて焼いたので、生のものを使うときは焼き時間が少し短めになるかもしれません。

いちごの代わりに、ラズベリーやオレンジでもおいしいと思います。

実は今回のいちごはちょうど届いたときに、アリが高熱が出てしまっていて、コウはばあばじいじの家に泊まりに行っていたので、こういうときに限って食べる子供がいない!
傷む前に急いでジャムにしたり、洗ってヘタを取って冷凍、実家におすそわけ、、と大忙し。
でも翌日にはコウも帰宅し、アリも熱ながらもいちごはぱくぱくと食べて、あっという間になくなりました。




ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!

0 件のコメント:

コメントを投稿