2014年11月17日月曜日

ポップオーバー

いつものように、ここに載せるのが遅くなってしまいました。

先週末は、朝食に食べるパンがなかったので、ポップオーバーを作りました。

ポップオーバーは、マフィンやスコーンのようなクイックブレッドの仲間ですね。
実は前にも作ったことがありますが、もう何年も前です(結婚前かも〜)。
膨張剤が何も入らないのに、卵だけでちゃんと膨らむの?と半信半疑でしたが、
ぷっくりシュー生地のように膨らんで嬉しかったのを覚えています。
最近は日本に専門店もあるんですね。
テレビでそんな情報を見て、久々に作ってみました。

作り方はとっても簡単。
朝、子供が起きてくる前にちゃちゃっとボウルに材料を量り入れ、泡立て器で混ぜるだけで生地のできあがり。
材料を室温にしたり、卵を泡立てたり、、といった手間も要らないので、生地は本当にあっという間にできます。
型に流して、オーブンで焼けば、不思議とぷくーっとふくらみます。
ポップオーバー専用の型を持っていないので、代わりにマフィン型で作りました。



本当のポップオーバーの型はもっと縦に深くて細長い形なので、本物よりだいぶころころとしたものになってしまいましたが、これはこれでご愛嬌。。


シュー生地のように、中が空洞になっている不思議なパン。
スープやシチューに添えて食べるといいのですが、この日はあいにくスープなどを作る余裕はなかったので、ジャムをつけて食べました。
シンは添えたハムやレタスをはさんでサンドイッチのようにしていましたよ。




マフィン型にペーパーカップをしいて作りましたが、あまりよくないペーパーカップで底がくっついてしまったのでちょっと失敗。


作り方は、アメリカのサイトを参考にアレンジしました。


□□Pop Overs□□ 6cmマフィン型6個

□材料□

薄力粉 60g
塩 ひとつまみ
砂糖 大さじ1
卵 1個
植物油 大さじ1と1/2
牛乳 120cc



□作り方□


  1. オーブンを230度に余熱する。型に油を塗るか、ペーパーカップをしいておく。
  2. ボウルに粉類を全て量り入れ、泡立て器で混ぜる。別のボウルに卵、油、牛乳を入れて泡立て器で混ぜ、粉のボウルに流し入れる。泡立て器でダマがなくなるまで手早く混ぜる。
  3. 型に生地を流し入れ、230度で15分焼き、180度に下げて15分焼く。




シュー生地とほとんど同じような味(だと私は思います)なのに、シュー生地よりはるかに簡単。
シュークリームが食べたくなったら、今度からこれを代わりに作ることにしようかなぁ。


ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!

0 件のコメント:

コメントを投稿