2013年2月12日火曜日

アマンディアン風ブラウニー

三連休の最終日の月曜日は、シンは普通の月曜日と同じで出勤だったのですが、私とコウだけ連休らしく(?)シンの実家に遊びに行って来ました。
前日に遊びに行くことを決め、いつものように急に手みやげを作ろうと思い立ち、
当日の朝にコウがムテ吉などを見ている間の小一時間で作成。
作るの簡単、すぐに焼けて、しかもおいしくて見ばえもする、、
というわけで、上にナッツやドライフルーツを散りばめたブラウニーを作りました。


ちょうど今ナッツもドライフルーツも2〜3種類ずつ家にあったので、総動員したらカラフルで豪華になっていいかなーと思ったのです。
でも、肝心のブラウニーの生地のレシピは、以前作ったオレンジブラウニーと一緒です。ただのアレンジでゴメンナサイ。
でもこのブラウニー、とても濃厚なので、ナッツやドライフルーツをこれくらいたっぷり乗せてもバランスはちょうどいいのです。


大急ぎで作ったのだけど、じいじばあばにも気に入ってもらえて良かったです。
そして、ブランデーやウイスキーとも合うそうです(帰宅後に食べたシン談)。


本当にあっという間に作れるので、明日のバレンタインに今から作っても間に合いますよ!

レシピは以前書いたオレンジブラウニーとほぼ同じですが、書いておきます。
これにもオレンジピールを少し混ぜてしまいましたが(好きなので、、)、
なければなしでいいと思います。


□□Nuts & Fruit Brownies□□


□材料□10×18cm角形1台分

薄力粉20g
ココア 10g
チョコレート(カカオ60%のもの) 90g
無塩バター 30g
卵 1個
グラニュー糖 25g
オレンジピール(好みで。刻んだもの) 小さじ1
アーモンド、くるみ、ピスタチオなど好みのナッツ 30g
クランベリー、アプリコットなどドライフルーツ 30g


18cm角形に紙をしいて、途中で折ってホッチキスで止めて小さめの角形にしました。


□作り方□

  1. アプリコットは6等分に刻む。オーブンは170度に余熱する。型に紙をしいておく。
  2. 刻んだチョコレートとバターをボウルに入れて湯煎にかけて、泡立て器で混ぜてなめらかに溶かす。または耐熱のボウルに入れ、様子を見ながら加熱し、泡立て器で混ぜて滑らかに溶かす。溶き卵、グラニュー糖、オレンジピール(好みで)を順に加えてその都度混ぜる。薄力粉とココアを合わせてふるい入れ、ゴムベラで混ぜ合わせる。
  3. 型に流して表面を平らにし、ナッツとドライフルーツを散らす。余熱したオーブンで15分焼く。ラックに出して冷まし、完全に冷めてから切り分ける。




数日前に焼いていたチョコとくるみのスコーンがあったので、それも一緒に箱に詰め合わせて入れて持って行きました。


このスコーンは、森岡梨さんのこちらの本のビスケットのレシピを参考に作ったものです(だからスコーンではなく本当はビスケットなのらしい)。
チョコチャンクビスケットのレシピを参考に、生地をココアを混ぜずに作り、半量にチョコとくるみ、半量に冷凍ブルーベリーを混ぜて、2種類にしました。
写真の奥がブルーベリーです。
生クリームも卵も入っている生地なのですが、中はしっとりで外はさくさく!とってもおいしいです。
シンにもコウにも大好評。
スコーン(だからビスケットか)はあまり頻繁に作らないんだけど、定番にしよう、などと思っています。




ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿