2013年1月14日月曜日

シナモンアップルマフィン

お友達のところへ行く手みやげに、マフィンを焼きました。
ちょうどりんごがたくさんあったので、今回はシナモンアップルマフィン。
ミニマフィン型で作りました。



マフィンの種類はいろいろあるけど、自分の中での定番トップはブルーベリー、バナナ、チョコレート、そしてシナモンアップルです。
ヘルシーなブランマフィンや、スパイスのきいたパンプキンやキャロット、ラズベリーやレモンポピーシード、、と捨て難いものはいろいろありますが、上位はこういう順番。
多くのマフィン好きな人もきっと同じような感じかな?
シナモンアップルフレーバーは他にもパイやケーキでいろいろ楽しめるので、マフィンで作ることは実は多くないんだけど、やっぱりマフィンにしてもおいしいな。


ミニマフィンは小さくてかわいいサイズが子供のおやつにぴったりだし、大人も朝食で他のパンもいろいろ食べたいときにちょうどいい大きさで便利。
今回は紅玉ではないりんごだったので、りんごの味がぼやけないようにレモン汁を混ぜました。
上に皮付きのりんごのスライスをトッピングしたら表情が出てかわいいです。



□□Cinnamon Apple Muffin□□

□材料□ 口径7cm6個またはミニマフィン型15個

薄力粉 120g
全粒粉 30g
シナモン 小さじ1と1/2
ベーキングパウダー 小さじ1と1/4
ベーキングソーダ 小さじ1/4
塩 小さじ1/8
卵 1個
グラニュー糖 40g
ブラウンシュガー 30g
無塩バター 50g
牛乳 50cc
ヨーグルト 50cc
りんご(正味) 150g
トッピング用りんご 適量
レモン汁 小さじ1


□作り方□

  1. バターはレンジで加熱して溶かしておく。りんごは6〜8mm角に切り、レモン汁と混ぜ合わせておく(紅玉など酸味の強い場合はレモン汁無しでOK)。トッピング用に分量外のりんごを皮付きでいちょう切りにしておく。型にペーパーカップをしいておく。オーブンは190度に余熱する。
  2. ボウルに卵と砂糖を入れ、泡立て器で少しもったりするまで混ぜる。溶かしたバター、牛乳、ヨーグルトを順に加えて混ぜる。粉類の1/3をふるい入れ、泡立て器で混ぜる。残りをふるい入れ、ゴムベラで手早く混ぜ合わせる。粉気が少し残っているときにりんごを加えて混ぜる。
  3. 型に生地をこんもりと入れ、上にトッピング用のりんごを乗せる。予熱したオーブンで20分(ミニマフィンの場合は18分程度)焼く。竹串で刺して何もついてこなければ焼き上がり。ラックに乗せて冷ます。


焼く時間は普通のマフィン型とミニマフィンでそんなに変わらないように思います。


このマフィンを持って行った先のお友達の家で、出張パン教室に参加してきました。
先生が自宅に来て教えてくれて、材料や道具も全部持って来てくれるんです!ありがたい。
参加したお友達はみんな年頃の近い子供がいるので、子供同士で遊んでいてくれて、ママたちは楽しくおしゃべりしながらパン作り、焼きたてをみんなでおいしく試食。
楽しすぎる!
ちなみに豆乳を使った黒豆パンと、ポンデケージョを教えてもらいました。
あっという間に完食で、写真は何も残らずですが。。
同じ趣味のお友達が見つかって本当に嬉しいこの頃です。





ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿