2012年9月17日月曜日

キッチン 2

コンロの前には鳥のモチーフを中心にしたメキシカンタイルを組み込みました。


人からは見えない場所だけど、台所仕事をしている自分にはばっちり見える場所です。
大好きな鳥のモチーフを眺めながら作業ができます。

メキシカンタイルは、家づくりを考え始めたときから使いたいと考えていました。
本当は自分でタイル張りをしたり、床をメキシカンタイルにしたりしたかったのですが、
ハードルが高すぎるのであきらめ、家のどこでタイルを使えるかいろいろ考えて、数カ所にちょこちょこと張ってもらう程度になりました。

シンクやコンロの背面になるキャビネットはIKEAのものです。


当初は、水回りもコンロも全てIKEAのキッチンにしてみたい、などと気安く言っていたのですが、
素人の私でもIKEAのキッチンを大々的に採用するのはかなりリスクが高そうだとすぐにわかりました。
施主がプランニング、購入、配送の手配、施行の手配、工務店と施行業者と配送業者の間を取り持つ仕事を全て行わなければならず、おまけに製品の質もかなり問われるところ。。
でも、せっかく自分のキッチンを作れるのならどうしても好きなデザインで選びたいと思い、
結局、キッチンのメインの部分はwoodoneにし、背面のキャビネットはIKEAで購入することにしました。
キャビネットだけなら家具と同じなので、工務店からもOKが出ました。
それでも、何度もIKEAの店舗に足を運び、プランニングをして、実際購入するときも配送や施行など手続きがあり、自分で店舗からもって帰らなければならない部品もあったり、、といろいろと大変でした。
その度にコウをじいいじばあばに預けて、一日面倒を見てもらってました。ありがたい。

こちらのカウンタートップは無垢材です。
絶対にぼろぼろに傷がつきそうだし、長年使っていたら反ってきそうですが、
せっかくIKEAのにしたのだから、そうやってダメになったら取り替える、くらいの気持ちで使ってしまおうと思います。


こちら側の壁は、最初上と下のキャビネットの間を全部タイルにしたかったのですが、
工務店側の施行が全て終わった後に、IKEAの施行が入るという順番だったので、
キャビネットの間になる部分だけタイルを最初から張っておくのは不可能、、ということでNG。
結局、クロス張りの普通の壁に、タイルを並べてオブジェ的に張ることになりました。
メキシカンタイルを張りつめた素朴なキッチンにも憧れていたので、このタイルの使い方って本当はちょっと違うんだけど、という気持ちはあるのですが、まあ仕方ない。
気に入ったお花のモチーフの物を6種類並べて、これはこれで満足です。



2 件のコメント:

  1. こんにちは。
    タイルショップ・ガウディのNATSUKOと申します。
    メキシカンタイルの調べものをしていてたどり着きました。

    時々お買い上げ頂いているとのこと、大変嬉しいです!
    ありがとうございます!

    ところで、このキッチンバックのメキシカンタイルの組み合わせ、素敵ですね!
    いつも見ているメキシカンタイル・・・こういう使い方もあったのか〜
    と、感心しています。驚いています。

    感激しました!!
    ありがとうございますm(_ _)m

    返信削除
  2. NATSUKOさん、コメントありがとうございます☆

    タイルショップガウディさんの方に見て頂けるなんて、びっくりです!
    メキシカンタイルを扱っているところがなかなかなく、ガウディさんから数回購入させて頂きました。
    お褒め頂き、本当に嬉しいです!
    どうもありがとうございます(^-^)

    返信削除