2012年9月19日水曜日

洗面台

キッチンに続き、自分のこだわったところ。
1階の洗面台です。


新しい家は、1階がリビングで、2階が寝室とお風呂です。
洗面所は当然浴室と並びの2階なので、1階にも手を洗う小さい洗面台が欲しいというのは最初からの私の希望でした。
子供が小さいと、外遊びやおでかけから帰ったとき、頻繁に手を洗うので、
玄関を入ってすぐのところに手洗いがあると絶対に便利だろうなと思っていました。
それに、来客のときも、いきなり台所の流しで手を洗ってもらうのは気が引けます。
工務店で取り扱っている標準の洗面台はLIXIL(INAX)のもので、提案されたものは、2階の洗面の小さいサイズの物。
シンプルで機能的なデザインですが、私はせっかくなので小さくてかわいい洗面所にしたい!と思い、自分でインターネットで探し、「これが使いたいです!」と主張しました。
なるべくリーズナブルで、設置できる小さいサイズのもので、、と探し、見つけたのが、エムケークリエーションさんのものでした。
何も知らない私は、自分で普通にインターネットで購入して、「これを家に使ってください!」と実物を持って行けば簡単にできそうな気がしていましたが、そういうものではなく、
お願いしている工務店では、設計の段階で、洗面台がどういう寸法か、排水がどうなっているかなど細かく分かる図面がないと採用は難しいとのこと。
でも、こちらのお店は工務店と取引のある別の会社につながりがあったので、無事に家に設置できることになりました。
照明は工務店で取り扱っているODELICのカタログに気に入った物があったので、そちらを選びました。

それから、ここにもメキシカンタイルを貼りました。


メキシカンタイルは1枚でもかわいいですが、並べると柄になるものが多く、どうしてもそうやって柄を出して使いたかったのです。
いろいろなタイルの中から、これを並べて使いたい!とピンときましたが、
結構色味の強いものなので、ここだけ重い印象にならないか心配でした。
照明+洗面台+タイル、が全て別々に選んだ物で、頭の中のイメージだけで合うかどうかを考えていたので、家の工事が進み、洗面台が入り、照明が取り付けられ、タイルが張られ、、と完成したのを見たときはちょっと感動でした。



0 件のコメント:

コメントを投稿