2012年6月14日木曜日

なかしましほさんのシューと豆腐チョコレートクリーム

なかしましほさんのシュー、昨日また挑戦してやっとそれらしくかわいいのができました。
嬉しかったのでまたここに載せておきます。


もうレシピが更新されて、くわしい作り方や解説も載っています。
生地を火にかけて加熱しながら練るところが大事なのに、初回は全く火にかけていなかったので、そりゃ失敗するはずです。失敗の原因を正しく気づけてよかった。

そして実は、これは3度目の挑戦だったりします。
実は最初の失敗のあと、悔しいのですぐに2回目を作っていたのですが、
オーブンに入れてセットするときに、あろうことか時間を20分にしてしまっていて(本とは25分)、
オーブンの中では「そうそうこれこれ」という感じに膨らんでいたのに、オーブンから出したらみごとにぺちゃん。。。
言い訳すると、焼き時間を「延長」で指定していたので、20分が最長で、終了したら5分延長しようと思っていて、忘れていた。

他の方のツイートを見ると、「初めてのお菓子作りで成功!」みたいな方が多くて、
ものすごくしょんぼりした気持ちでした。

というわで、3度目で成功。
生地の加熱と焼成というポイントを身を持ってつかんだ、はずです。
もうシューなんていつでも作れるさ。はは。


ちなみに、カスタードクリームばかり続いていたので、今回は豆腐とココアで簡単に作った豆腐チョコレートクリームを詰めてみました。
マクロビオティック風のこのクリーム、チョコレートの味となめらかさが楽しめるのにヘルシーでおすすめです。
チョコ味の豆腐なんて!と思うかもしれませんが、ココアの風味が豆腐の豆っぽさをかなり消していて、鈍感な人ならわからないのでは。。と思います。
私はこのまますくって食べられるくらいに好き!



写真がなんだか汚らしかった。ごめんなさい。


□□Tofu Chocolate Cream□□

□材料□

豆腐(絹ごし) 150g
ココア 大さじ1と1/2
きび砂糖 大さじ1と1/2
塩 ひとつまみ
バニラエッセンス 適量

□作り方□

  1. 豆腐はペーパータオルで包んで両手でぎゅっと包み、水切りをする(豆腐が130g前後になればOK)。
  2. 水を切った豆腐をボウルに入れて泡立て器でかき混ぜ、その他の材料を加えてなめらかになるまでよく混ぜる。または全ての材料をフードプロセッサーに入れてなめらかになるまで撹拌する。
好みでバニラの代わりにアーモンドエッセンスやラム酒を少量加えてもいいかもしれません。
泡立て器でも一生懸命混ぜればけっこうなめらかになります。
プレーンな豆腐クリームならしっかり水切りする必要があると思いますが、ココアが水気を吸ってくれるし、少量なので手でぎゅっとするだけでOKだと思います。
時間が経つと水気が出てくるので、作ったらなるべく早く食べましょう。

明日新しいレシピが更新されるようなので、また挑戦してみようと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿