2012年3月20日火曜日

紅茶とマーマレードのスコーン

スコーンはあまり自分では作らないのですが、たまにパン屋さんやコーヒーショップで見かけると買いたくなります。

本当は家でプレーンのものにクロテッドクリームやジャムを添えて優雅に食べたいところですが、
普段の朝食やお茶の時間にそんな余裕はなくて、朝なんて私はほとんど立ったまま食べている状態です。
それでスコーンだけで食べてもおいしいように、マーマレードを添える代わりに紅茶スコーンの生地に混ぜたものを作ってみました。


この組み合わせは、実は先日パン屋さんで紅茶とオレンジピール入りのパンを見かけておいしそうだったので真似してみたのです。
何となく春らしいフレーバーでいいなと思います。

□材料□ 6個分

薄力粉 120g
ベーキングパウダー 小さじ2
塩 小さじ1/8
グラニュー糖 大さじ1と1/2
紅茶の葉 ティーバッグ1個半分(小さじ1と1/2)
無塩バター 30g
オレンジマーマレード 大さじ2
牛乳 大さじ2
ヨーグルト 大さじ2

牛乳、グラニュー糖 各適量

□作り方□

  1. オーブンは180度に予熱する。バターは8mm角に切って冷凍庫で冷やしておく。紅茶の葉はティーバッグの袋から出しておく(ふつうの茶葉の場合は小さじ1と1/2をすりつぶしておく)。
  2. フードプロセッサーに粉類と塩、グラニュー糖、紅茶の葉を入れて撹拌する。均一に混ざったらバターを入れて撹拌し(最初はスイッチのオンオフを繰り返してガッガッと混ぜ、バターが細かくなったら長めに撹拌する)、さらさらの状態になったら止める。マーマレードと牛乳、ヨーグルトを加えて再び撹拌し、生地がまとまってきたら止める。
  3. 手に打ち粉をして生地を取り出し、ひとつにまとめて打ち粉をした台に乗せる。2cm厚さになるように手で押して形を整え、包丁で放射状に6等分に切る。オーブンシートをしいた天板に間隔を空けて並べ、表面に刷毛で牛乳を塗って、グラニュー糖を散らす。余熱したオーブンで18〜20分焼く。ラックに乗せて冷ます。



紅茶の種類は、イングリッシュブレックファストしかなかったのでそれを使ったのですが、思ったより香りが弱かったです。
お菓子作りに紅茶を使うときは、アールグレイがおすすめとよく本に書いてありますが、
今回それを実感しました。ちょっとがっかり。


先日シンのお母さんにもらった手作りのマーマレードを使いました。
ピールの存在感があってビターなので、大人向きの味です。



コウはだいぶ話せる言葉も増えましたが、コウ語も多く、ばあばに見てもらうときのために対応表を書いておいた方がいいかな?と思ったりします。
例えば、
さかな→さなか
ムテ吉→むちき

これはまだ分かりやすい方で、

ブロッコリー→ぶっき
トンネル→とんぐー
トマト→ぱんとん 
たまご→ぱんご
エレベーター→えすぱっぱ

他にもきりがありません。
ママパパにしかわからないのは困りますが、
間違え方がおもしろいなぁと思います。




ランキングに参加しています。
いいなぁと思って頂けたら、クリック、よろしくお願いします…!
Follow Me on Pinterest

0 件のコメント:

コメントを投稿